チームケアとは

介護に役立つ用語集

チームケアとは、医師や看護師、介護に関わる職務に携わる専門職が必要に応じチームを組み、要介護者のケアに携わること。

要介護者が自立した生活を営むためには、1年中継続するケアを実践するため、医療・介護の分野で連携して必要な技術を提供する必要があります。

高齢者は高齢者ならではの病気が現れる・持病が悪化することがあり、暮らしを成り立たせるために医療と介護が密接に連携しなければならなくなります。
これは介護施設であっても、自宅での介護であっても同じです。

1.チームケアが必要となった理由

“超高齢化”にある日本において、効率良く高齢者を支える仕組みづくりはこれからもますます必要となります。特に自宅で介護にあたる場合、抱え込まない・無理なことは依頼する・専門家のケアを受けることは、要介護者や介護者双方にとって必須事項となります。

医療と介護の分野の専門知識・技術が適切に提供されることは、住み慣れた土地で家族や親族とともに暮らしたいと願う高齢者のニーズを満たしてくれるものです。

また、子が遠方で仕事に就いている場合、「遠距離介護がつらい」ということもありがちです。このようなとき、地元を離れたくないという親御さんの願いをできるだけ叶えるためにもチームケアは必要です。

2.介護の分野におけるチームケアとは

介護施設など、介護の分野でもチームケアは重要です。持病を安定した状態にキープするには医師や看護師の力が必要です。また、生命を支える基本である食の面でいえば、歯の健康、口腔機能の維持を目指し、歯科医師や歯科衛生士などの力が求められます。

要介護度が上がらないよう、作業療法士・理学療法士のリハビリも大切なものです。

介護を必要とする人の状態はそれぞれ異なりますので、それに対応するために求められる事柄も違います。要介護者ひとりにつき、何が必要なのか、それを誰がサポートするのかを明らかにし、専門家が付くことは何より重要です。

これは、もちろん、自宅で介護をされている方・される方にとっても大切な点で、訪問介護・訪問診療というかたちで提供されます。

3.チームケアの課題

チームケアを充実したものにするには、チームに加わる専門職がお互いにその分野を理解すること、そしてケアプランに則ってだれが・何をするのかを明確にしておく必要があります。また、何がしかの問題が生じたときは、スムーズに連絡・相談ができるようにしておきます。

もちろん、専門職のチームのみならず、その地域のボランティア、民生委員など、高齢者の暮らしに関わる人たちとも連携を取ることが必要な場面もあるでしょう。

残念なことに、ケアに関してトラブルが生じたときは、それを共有し、解決策を立てることに役立てることが大切です。チーム内の連携が強くなればなるほど、後のケア活動がステップアップすることはいうまでもありません。

まとめ

チームケアとは、介護施設のみならず、在宅介護の面でも重要なものです。特に在宅介護においては、介護をする方にとって心強い味方となってくれます。チームケアについては、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. チームケアとは、要介護者にとって必要なケアを医療・介護の専門家がチームで提供すること
  2. 超高齢化の進む日本において、より効率よい介護・看護のためにチームケアという考え方は欠かせない
  3. 介護の場でのチームケアは、要介護者一人ひとりに何が求められ、それを誰がどのように担うのかを明確にすることから始まる
  4. 住み慣れた土地で暮らしたい要介護者にとって、専門家のみならず民生委員や地域ボランティアも「欠かせないチーム」となる。必要に応じこれら地域の人たちも組み込まれる