緩和ケアとは

緩和ケアとは、ターミナルケア(終末期ケア)と類似しているが、緩和ケアは主にがんなど痛みを和らげる治療や身体的・精神的ケアのことを指す。積極的な治療を行うのか/行わないのかの差があり、役割が多少異なる。

がんの痛みの緩和として語られることの多い緩和ケアですが、痛みの伴う他の病の場合でも同じようなケアを実施します。緩和ケアはがんなどの治療を続けながら受けるものです。

一方、ターミナルケアは「延命措置を受けない」と決めたときに始まり、限りある時間をどうすれば家族と共に安心して暮らせるかを考え実施されます。終末期に痛みを伴う場合は、ターミナルケアと同時に緩和ケアも行います。

1.緩和ケア病棟で行われること

大きな病院には、「緩和ケア病棟」「ホスピス」などと名づけられた場所があります。そこでは医師・看護師・緩和ケアチームがタッグを組み、痛みへの対処をしてくれます。また一時的にでも症状が緩和されたら退院し、自宅で過ごす人もいます。

緩和ケアは、がんなど痛みが伴う治療にとりかかったときから視野に入れるべきものです。痛い・つらい・苦しいことは、治療に立ち向かおうとする患者や家族の気持ちや体力をそいでいくもので、QOL(生活の質)を大きく損ないます。これらの面でのケアは今や欠かせないものとなっています。

WHOでは、緩和ケアの定義を2002年に修正、「生命を脅かす疾患の問題に直面する患者とその家族に対するケア」と定めました。

  • その人らしく生活できるよう支える
  • 家族もケアの対象とし、残念ながら“遺族”となった場合の悲しみにも配慮する

2.緩和ケアチームが一番に考えていること

緩和ケアチームは、緩和ケアについてのトレーニングを受けた医師や看護師、薬剤師によって成り立っています。

病院により異なりますが、緩和ケア病棟以外では、決まった病棟にではなく、病棟を横断する形でケアを求める患者へ対応します。在宅療養を希望する患者へは、緩和ケア・終末期ケアに精通し訪問診療に対応できる診療所が力強い味方になってくれます。

緩和ケアチームが一番に考えてくれるのは、場所を問わずいかにその人らしい暮らしができるか、その求めに専門的な知見・経験でどのように応えるかということです。

3.相談しやすい「緩和ケア認定看護師」

入院や訪問看護の場面で接することが一番多い看護師ですが、特定の分野の学びを深めた認定看護師がいます。

日本人のふたりにひとりは経験するというガン患者の増加傾向、増える高齢者、このような人たちの緩和ケアに取り組むため、公益社団法人日本看護協会の実施する緩和ケア学科教育課程により「緩和ケア認定看護師」が生まれています。

この緩和ケア認定看護師は、

  • 身体的苦痛
  • 霊的苦痛(人生の意味・罪の意識・死への恐怖など)
  • 精神的苦痛
  • 社会的苦痛(仕事/家族/経済面での問題など)

について深い理解をもっています。緩和ケア認定看護師は、患者のみならず、家族もケアの対象としていて、家族の持つ心配事へも配慮してくれます。

まとめ

緩和ケアとは、痛みのある病気やそれに伴う入院・治療に対ししばしば行われるものです。緩和ケアについては、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. 緩和ケアとは、「痛みを和らげるケア」のこと。ターミナルケアと似てはいるが、積極的治療を受けるか/受けないのかの差がある
  2. 緩和ケア病棟では、緩和ケアチーム(緩和ケアに関するトレーニングを受けた医師・看護師・薬剤師など)が対処してくれる
  3. 緩和ケアチームは、入院患者がいかにその人らしい暮らしができるのか、そのため痛みへの処置がどのようにできるかを考えてくれる
  4. 緩和ケア認定看護師は、緩和ケアに関する特別な教育を受けている。患者のみならずその家族もケア対象とし、相談に乗ってくれる