口腔機能とは

口腔機能とは、噛む(咀嚼)こと、飲む(嚥下)こと、発声・発音・呼吸すること、笑う(表情)ことを含む、生活に欠かせない大きな機能。

口周りの能力が低下すると、食事や他の人とのコミュニケーションの機会が失われていきます。特に食事は「睡眠欲・食欲・性欲」という人間の最大欲求のうち生命維持に欠かせないもので、それそのものが生活の楽しみとなっています。

口腔機能を維持することは、全身の健康とこころの健康を維持することに他なりません。

1.口腔機能低下症(オーラルフレイル)

口周りの機能が低下してしまった状態を「口腔機能低下症(オーラルフレイル)」といい、そのままにしていると、歯を失うことにより噛めない・飲み込めない・栄養不足という状態に陥り、最終的に全身機能が衰え要介護度があがってしまうことがあります。

この悪循環を断つため、日本老年歯科医学会は口腔機能低下症の診断基準を定めました。

  • 口腔内の清潔度低下
  • ドライマウス
  • 噛む力
  • 唇や舌の運動機能低下
  • 飲み込む力

など、いくつかのチェック項目があり、いくつかを満たす/それぞれの力の低下が観察される場合に「口腔機能低下症」と診断されます。

要介護者自身もしくは家族が今日からでもできることは、まず歯や義歯の丁寧なクリーニングです。定期的に歯科医師に診てもらうのも大切なことです。

2.自宅でできる口腔機能訓練

できる限り口腔機能が低下する前に、予防として口腔機能訓練を行います。

  • 腹式呼吸を心がける
  • 首を前後左右に動かす・回すを繰り返す
  • 両肩を上げた後にすっと下げる
  • 「あー」「むー」と口を大きく動かす
  • 「あ・い・う・え・お」を、口を大きく動かし発音する
  • 口を閉じたまま舌で上唇と下唇を押す
  • 舌打ちを繰り返す

これらの運動で、口周りやそれにつながる首・肩の筋肉の衰えを予防します。

また、既に食事の際飲み込みが心配な場合、口周りから手足までを動かし、唾液の分泌や血の巡りの促進をすることで、リラックスして食事をすることができます。

  • 腹式呼吸を繰り返す
  • 手を「ぐー・ぱー」する
  • 手首から先を上下に振る
  • 右腕を左上方に、左腕を右上方に突き上げる
  • 足踏みをしながら、時々息を一気に吐き出す

3.歯科衛生士や言語聴覚士による口腔機能訓練

自宅で介護をする際、口の問題を相談しやすいのは歯医者さんに行ったときや、歯科医師の訪問看護のときでしょう。

厚生労働省の定めた「口腔機能向上マニュアル~高齢者が一生おいしく、楽しく、安全な食生活を営むために~(改訂版)」では、介護予防通所介護(通所介護)や、必要に応じて歯科衛生士が訪問指導で口腔機能向上の手伝いができることを示しています。

歯の問題ではない場合、言語聴覚士等がこのケアに参加します。しかしながら、高齢になると自らの歯を失っている・一部失っている・義歯(入れ歯)を使用しているなど歯にまつわる問題も少なくありませんので、歯科衛生士による口腔機能訓練も行われます。

まとめ

口腔機能とは、私たちの生活の中で楽しみな「食事」「コミュニケーション」を司るものです。口腔機能については、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. 口腔機能とは、「噛む・飲む・発声・呼吸・笑顔」に欠かせない重要なもの
  2. 口腔機能低下症を起こすと、栄養不足から全身機能が衰え、介護度があがってしまうことも
  3. 口腔機能訓練は、自宅でできるものもある。腹式呼吸をする・口の周りの筋肉を動かす・首や肩を動かすなど
  4. 専門的な知識・技術が必要なときは、歯医者さんに行ったときに歯科衛生士に相談するという方法もある

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧