高級老人ホームとはどんなもの?環境・居室・介護や看護体制をチェック!

老人ホーム

いわゆる老人ホームの中には、まるでホテル住まいのような感覚を“体感”できる施設があります。それが「高級老人ホーム」です。悠々自適な老後を満喫したい方にとって、このような老人ホームは願ってもないものでしょう。

確かに入居当初費用や毎月の利用料金は高額です。とはいえ、それ相応のサービスや快適さを考えると、決して高いものとはいえません。老後を有意義に暮らすためにしっかりと貯蓄に励んでこられた方には、生活の安心と贅沢は「ご褒美」ともいえるものでしょう。

では、高級老人ホームとはどのようなものか、高級老人ホームが生まれた社会的背景、その費用や契約に関することについてご説明します。

1.高級老人ホームとは?

高級老人ホームとは、まさしく贅を尽くした施設やサービスを準備しているリッチな老人ホームです。高級ホテルや高級マンションのように快適な居室、プールやフィットネス室など健康を支える施設、お客さまとゆっくり会話が楽しめるラウンジ、図書館や趣味のための創作室などがあり、中には美容室やエステサロンが入っている施設もあります。

また、食事は有名どころのホテルや料亭の料理長経験者が招かれることもありますし、特別な日のため施設内にレストランが併設されていることもあります。もちろん、日中散策に出るのにちょうど良い緑あふれる庭が広がっていますので、ゆっくりとした時間を過ごすことができます。

立地に関していえば、賑わいある都市部や、逆にリゾート気分を味わえるよう山や海に近い場所に建てられています。環境に関しては、好みで選ぶとよいでしょう。

高級老人ホームに関しての“定義”はありませんが、住宅型有料老人ホームや、サービス付き高齢者向け住宅の高級版、と考えればよいでしょう。

2.なぜ今「高級老人ホーム」なの?

高度成長期の後半に生まれ、いわゆるバブル景気を定年前に経験しそのままリタイヤした人たちは、大きな月収・退職金を手にしました。また、月給に応じて収めてきた厚生年金を手にしていますので、年金受給額もそれなりに大きな額となっています。バブル崩壊後リストラの憂き目に遭っていなければ、大金持ちとはいわずとも、それなりの預貯金を持っていることとなります。

ある程度の役職をバブル期に経験して高い年俸を得た人たちは、2017年現在70~80代となっています。平成29年(2017年)に発表された男性の平均寿命は80.98歳、女性の平均寿命は87.14歳となっていて、まさしく「高級老人ホームのニーズが高い」タイミングとなっているのです平成28年簡易生命表の概況│厚生労働省)。

そこへ来て、また景気回復の傾向が見られていますので、「家族の協力があれば高級老人ホームへの入居も夢でない」といえる人も増えているはずです。中には保有している株が値上がりし、その売却益で大きなお金を手にした人もいらっしゃるでしょう。実際、ある調査では、「いわゆる富裕層・超富裕層は2011年と比較して24.3%増加した」とされています(日本の富裕層は101万世帯、純金融資産総額は241兆円│野村総合研究所)。

3.運営会社にはどんな企業がある?

いくら高級感が“ウリ”の高級老人ホームとはいえ、運営会社がしっかりとしていなければ大きなお金を積む気分にはなれないでしょう。実際に高級老人ホームを手がけている運営会社の例をみてみましょう。

※以下の情報は、2017年9月現在のものです。詳細は直接問い合わせをされることをおすすめします。

3-1.株式会社ベネッセスタイルケア「アリア」

東京都都内で高級老人ホームを開設し続けているのが、株式会社ベネッセスタイルケアです。ベネッセといえば通信教育で知られる企業ですが、グループには介護や医療に特化した人材派遣会社があります。その機動力を活かし、介護事業では20年の実績を持っています。

ベネッセスタイルケアの実施したアンケートでは、入居の決め手となったポイントの上位3位は、「スタッフの雰囲気・対応」、「立地条件」、「看護体勢や医療における連携体制」となっています(ベネッセのホームが選ばれる理由│ベネッセスタイルケア)。東北大学と共に「介護度進行予防プログラム」を開発し提供、高級感あふれる建物・設備などが人気です。

他に、「グラニー&グランダ」、「ボンセジュール」など合計7つのシリーズがあり、ライフスタイルや支払っても良いと考える費用にあわせて選べるようになっています。

3-2.株式会社プライムステージ(セコム株式会社+森ビル株式会社)「サクラビア成城」

セコムといえばセキュリティ会社というイメージがありますが、そのテリトリーは訪問看護サービスや薬局など、医療・介護にまでわたります。生活の安全全般にまで目を配る企業姿勢により、有料老人ホームも展開しています。そして森ビルといえば、開発事業によるまちづくりに長けている企業で、その質の高さは常に憧れの的です。この2社がタッグを組んで運営するのが株式会社プライムステージです。

その中でも「サクラビア成城」は高級老人ホームと呼ぶにふさわしい施設・体制をとっています。コンシェルジュサービス、併設したクリニックには医師が常駐し、和風庭園を臨むレストランでは介護食にも対応した食事が提供されます。要介護度のアップ・病状が変化しても、できる限り「住み替え」せずに済むよう最大のケアをしてくれます(7つのクオリティ│サクラビア成城)。

設備面も充実していて、自宅に相当する居室には床暖房・コンパクトで合理的なつくりのキッチンを内包した10通りの間取りがあり、共用スペースは1階のサロン、イベントに使われるスカイラウンジと、まるで自宅マンションとホテルとが合体したようなイメージです。

3-3.株式会社ニチイケアパレス「ニチイホーム用賀」

医療や介護の資格取得のための講座開講をするニチイですが、国内約1,400箇所で介護サービスも展開しています。そのノウハウを活かし、高級老人ホームと読んで差し支えない金額で打ち出したのが「ニチイホーム用賀」です。ここで取り上げるホームの中では比較的シンプルで、一見ゴージャスさには欠ける印象ですが、協力医療機関が2つあり医療面での受け入れ体制は十二分です医療面の受け入れ体制│ニチイホーム用賀)。

とはいえ、東急田園都市線用賀駅から徒歩7分、首都高速3号渋谷線用賀出入口から車で2分とアクセスが良く、ご家族との面会もしやすく便利です。食事は健康を管理してくれる通常メニューに加え、当日注文で気分や体調に合わせて選べるメニューも準備、さらには介護食(ソフト食)の用意もあります。

何らかの災害時にも対応できるよう、電力・水の確保、最大10日間の食糧保存、オムツなど生活用品に至っては14日分を確保しています。年に2回の防災訓練も行っていますし、自治体とは防災協定の締結、協力会社とは災害対応協定書締結を行うなどし、いざというときにホーム・地域で共に災害に立ち向かう体制を整えています。

3-4.株式会社チャーム・ケア・コーポレーション「チャームプレミア深沢」

近畿や首都圏を中心に、2017年現在計38ホーム・居室数2,700室超の施設を運営しています。基本的に駅から徒歩10分以内のアクセスのよさを立地条件としていますので、入居者ご自身のお出かけや、ご家族が遊びに行くときにも便利です。まるでホテルのようなホスピタリティを重視していて、24時間介護サポート・一人ひとりにあわせた個別ケアで、より安心した生活を実現できるよう準備しています。

入居者2.5人に対し、介護・看護スタッフが1人という手厚いケア体制をとっていて、認知症や看取りにも対応しています。各居室からは中庭や緑が見え、季節の移ろいを感じられるつくりとなっていて、この庭はカフェコーナー(共用スペース)と同様、入居者や地域の方との交流の場となっています。

家族やお友達が居室内に宿泊することも可能、実費負担することで入居者と共に食事をすることもできます。食事については、塩分・カロリー制限やミキサー食にも対応していますので、健康管理にも配慮できる条件が整っています(よくいただくご質問│チャーム・ケア・コーポレーション)。

※高級老人ホームの他の代表例や契約の際の注意点については、以下の記事もご参考になさってください。

まとめ

高齢化が進む中、いわゆる富裕層・超富裕層が増えたことを受け、高級老人ホームが増えつつあります。都心部に近く買い物・外出に便利、ないしは海や山に近くリゾート地を思わせる立地とともに、コンシェルジュ在籍や看護・介護体制の充実などで、「終の棲家」としてふさわしいこれら高級老人ホームは憧れの的です。

今回は高級老人ホームとは何か、そして高級老人ホームが生まれた背景、高級老人ホームが高級老人ホームたる理由を実際の施設の紹介を交えながらご説明しました。今回特にご記憶いただきたいのは、次の5つのポイントです。

  1. 高級老人ホームとは、まるでホテルや高級マンションのような居室がある。施設内にはプールやフィットネス室、ラウンジや図書館など、心身の健康を保つための施設も充実している
  2. 立地は「都市部」ないしは「リゾート感あふれる海山のそば」。利便性を選ぶか、自然環境のよさを選ぶか、個人の好み・ライフスタイルに合わせて選択できる
  3. 生活の楽しみのひとつである「食」の面でも充実が見込める。栄養管理されたメニュー、ソフト食(介護食)にも対応、四季折々に特別なメニューが用意されることも
  4. 誰もが知っている大手企業が運営会社である高級老人ホームも。それぞれに特徴があり、生活に対する考え方・希望する暮らし方に合わせて会社・施設を選べる
  5. 高級老人ホームを展開している企業は、異なるコンセプトの老人ホームを展開していることもある。用意できる費用に合わせてホームの選択も可能

ピックアップ記事

関連記事一覧