ハイムリック法(ハイムリッヒ法)とは

介護に役立つ用語集

ハイムリック法(ハイムリッヒ法)とは、気道に入った異物を外部から取り除こうと試みる手段のひとつ。

誰かがのど・気道に何かを詰まらせたとき、それに気づいた人はその人の後ろに立って両手を回し、みぞおちの下、へその上部あたりで両手を重ね握りこぶしにし、手前上方に突き上げるように圧迫します。

外部から横隔膜を押し上げることで、肺の中にある空気を押し出すこととなり、うまくいけば異物を吐き出させることができます。

基本的に小さな子ども・妊婦以外の大人で使える方法です。

1.高齢者にハイムリック法を用いるケース

高齢者は、ものを噛んだり飲み込んだりする力が低下し、誤嚥を起こすことが増えます。誤嚥したものがほんの小さな食べ物のかけらであったり、少量の水分であれば咳をするよう促すだけで吐き出せることもありますが、大きい・大量であったときは咳では間に合いません。

そのようなときは、まず救急車を呼びます。その間に咳や吐き出しを促す「背部叩打法(はいぶこうだほう)」を行います。座った状態で本人の頭部を下に下げ、前かがみにした後、肩甲骨の中心あたりを助け手の手の下の付け根部分(手首周辺)で強く叩きます。

これでもなおのどに詰めたものが出ず、苦しそうにしているのならば、ハイムリック法を試みます。

背部殴打法にしろ、ハイムリック法にしろ、実施する前に本人に声をかけます。パニックを起こさぬよう「助けます」「がんばりましょう」など、安心させるような言葉をかけてください。

2.ハイムリック法の手順

ハイムリック法を実施する手順は以下の通りです。

  • 本人がのどに手をあて苦しそうなサインを出していることを確認する
  • 周りに人がいれば、のどにものを詰めてしまったかどうかを確認する
  • ハイムリック法を試す前に、パニックを起こして暴れないよう声をかける
  • 背部に回りこみ、本人に前傾姿勢をとらせる
  • へその上部に片方の手で作った握りこぶしを当て、もう片方の手でその握りこぶしを包む
  • 抱きかかえる姿勢を整える
  • 自分の方(手前上方)へ、本人のおなかを圧迫するよう突き上げる
  • 異物が吐き出される、ないしは本人の反応がなくなるまで圧迫を繰り返す

もしも反応がない、反応がなくなったときは、心配蘇生法へ変更します。

うまく異物が吐き出されて呼吸が再開できても、ハイムリック法を行ったことを救急隊員に伝えます。内臓の傷害や肋骨骨折を起こしている可能性があるからです。

3.ハイムリック法の禁忌

飲み込みに失敗し呼吸困難を起こした人に効果的なハイムリック法ですが、以下のような人・場合は禁忌(きんき・行ってはならないの意)です。

  • 乳幼児=体が出来上がっておらず、内臓や骨の損傷リスクが高い
  • 妊婦=明らかに腹部がふくらんでいる場合、子宮に刺激を与えてしまい他のトラブルを生む

これら以外の場合で、のどに何かを詰まらせていることが明らかならば、ためらわずにハイムリック法や背部叩打法を実施します。

とはいえ、そのような場面に遭遇したとき、だれもが自然にこれらのことができるとは言い切れません。事前に救命に関する講習会に参加するなどし、正しい知識を身につけておくことが大切です。

呼吸停止の状態で10分の間何も手当されずにいると、50%の人が助からないとされています。それに対し救急車を要請してから到着まで平均6分かかるとされていますので、いち早く対応することが重要です。

まとめ

ハイムリック法とは、のどを詰まらせ呼吸をしづらくなった人を助ける方法のひとつです。高齢者は誤嚥も多くなりますので、対処法を知っておくのはとても有益です。ハイムリック法については、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. ハイムリック法は、のどに何かを詰まらせて呼吸困難となった人への対処法のひとつ
  2. 高齢者は誤嚥をすることも多い。誤嚥から呼吸困難となったら、救急車を呼び、到着までに異物除去を試みる
  3. ハイムリック法の手順は、のどに何かを詰まらせていること・呼吸が苦しいようなサインを出していることの確認から。本人を落ち着かせるよう声をかけながら
  4. ハイムリック法は、乳幼児や妊婦には禁忌。背部叩打法で対応