糖尿病とは

介護に役立つ用語集
介護に役立つ用語集

糖尿病とは、血糖を下げるインスリンがうまく作用せず、血糖値が高くなる病気。

遺伝子異常や、他の病気、処方されている薬により糖尿病になることがありますが、糖尿病を患っている人の約90%が、肥満や運動不足などの生活習慣によって起こる「2型糖尿病」とされています。

糖尿病にかかると、三大合併症とされる「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」を併発することがあります。早期発見し、他の病気にまで発展しないよう気をつけなければなりません。

1.糖尿病の症状

糖尿病には1型と2型があり、その形により症状が異なります。

  • 1型=すい臓β細胞が壊れインスリンが分泌されなくなる。のどが渇く・尿が多く出る・急にやせる・重症の場合昏睡にまで至る
  • 2型=遺伝的に糖尿病になりやすい体質+肥満・運動不足・ストレスでインスリンが効果を発揮しづらくなる。自覚症状はほとんどなく、健康診断などのときに発見される

上で触れたとおり、日本人の糖尿病患者の約90%は2型の糖尿病です。このことから、日頃の食生活や運動量、ストレスに関し注意深くあること、定期的に健康診断を受けることがとても重要です。

2.糖尿病の診断と治療に使われる薬

血糖値は食事をすると上がることはどなたもがご存じのことです。食品から取り入れ吸収したブドウ糖が血液に入り全身に回りますが、一定の時間を経過すると血糖値は下がります。このため、いくつかの検査法を組み合わせ、インスリンの働き方などを調べます。

  • 空腹時血糖検査=検査する日に朝食を取らず採血し、血糖値を測る
  • 随時血糖検査=食事のタイミングに関わらず採血し、血糖値を測る
  • ブドウ糖負荷試験=10時間以上絶食し、空腹の状態で採血して血糖値を測る。その後ブドウ糖液を飲み、30分・1時間・2時間後にも血糖値を測ることで血糖値の変化を調べる

このような診断を経て後、「糖尿病型」「正常型」「境界型」に分類します。糖尿病と診断されたとき必要に応じ薬が処方されますが、その主なもの(働き方別)は以下の通りです。

  • インスリン分泌を促進する薬
  • インスリンの働きを促進する薬
  • 糖の吸収をコントロールする薬

3.糖尿病の予防

糖尿病がひどくなると、「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」「糖尿病神経障害」といった大きな病気に発展してしまいます。検査も重要ですが、日頃自分自身で行える予防が何より大切です。特に高齢者は、血糖値をコントロールする働き(耐糖能)が低下しますので、さらに注意が必要といえるでしょう。

糖尿病の予防は、必要以上のエネルギー摂取をしないことが一番です。栄養バランスが良く、なおかつカロリーが1日の必要量内に収まる食事を目指します。

糖の吸収をおだやかにする食材は

  • 野菜
  • 玄米
  • 海草
  • きのこ類

などですので、これらを上手に用い調理をします。

また、脂分の多い洋食は特別な日にし、日頃の食事を和食に切り替えるだけでも糖尿病予防に役立ちます。たんぱく質の摂取は肉より魚、望ましい調理法は揚げ物より焼きもの・ゆでもの・蒸しものです。

まとめ

糖尿病は生活習慣病のひとつとしてカウントされる身近なものです。しかしながら他の病気の引き金にもなりますので、予防が何より大切です。糖尿病については、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. 糖尿病とは、インスリンが作用しないことで血糖値が高くなってしまう病気
  2. 糖尿病の症状は、のどが渇く・急にやせるなど。糖尿病の状態(型)によっては自覚症状がほとんどないことも少なくない
  3. 糖尿病の診断は採血が基本。糖尿病と診断されたとき処方される薬は、インスリン分泌促進・インスリンの働きを促進するものなど
  4. 気づかないうちに進行する糖尿病を予防するには、必要以上のエネルギー摂取をしないこと。食材や調理の仕方にも注意

ピックアップ記事

関連記事一覧