白内障(しろそこひ)とは

白内障(しろそこひ)とは、何らかの先天的・後天的要因により目の水晶体が濁り、視力障害を生じること。

後天的白内障は、老人性、外傷性、放射線性、糖尿病性、内分泌異常性、また服用している薬の副作用で発症します。加齢を原因とする白内障は、早ければ40代から発症し、60代では全体の約75%、70代では全体の約85%の人におこるとされています。

特に珍しい病気ではなく、まちの眼科でも手術治療が行われることがあります。

1.白内障の症状

白内障(しろそこひ)は、目の水晶体が濁ることで起こります。この濁りがその人に感じさせる症状は多様で、

  • 薄暗く感じる(水晶体の濁りで光が目に入りづらい)
  • 眩しく感じる(水晶体の濁りで目に入り込んだ光が乱反射する)
  • 視力が落ちたと感じる(水晶体の濁りがモヤやボケとして感じられる)

などがあります。

特に視力の低下として捉えられることが多く、頻繁にメガネを作り替える方も少なくありません。また、痛みや出血など、本人にとって明確な“不具合”を感じさせること無く少しずつ進行するもので、気が付いたときには重症化していることも珍しくありません。

2.白内障の原因

水晶体は、生まれながらの異常がなければ透明なものですが、さまざまな理由で白濁します。

たとえば、

  • 紫外線の刺激
  • ケガによる衝撃
  • アトピー性皮膚炎により目の周りを掻いてしまう習慣
  • 炎症を抑える薬(ステロイド剤)を長く服用している
  • 不整脈を抑える薬(アンカロンなど)を長く服用している

といったことが原因で、白内障を発症することがあります。

特に副作用として白内障が考えられる薬を処方されたときは、医師や薬剤師からその旨説明を受けているはずですので、定期的に眼科へ行き早く気づくことが重要です。

3.白内障の手術

早期の白内障であれば、点眼薬で進行を遅らせることができます。しかしながら、生活に支障が出るようになって初めて白内障に気づく方も少なくありませんので、結果的に外科的手術で治療をすることとなります。

白内障の手術は

  • 点眼麻酔・瞳孔を開くための薬などの点眼
  • 角膜や水晶体嚢(水晶体を覆う膜)にキズを作る
  • 水晶体に超音波を当てて砕き、取り出す
  • キズ部分から、なくなった水晶体の代わりを果たす眼内レンズを入れる

といった流れで進行します。

寝ている間に目に触れないようにする金属製の眼帯を貸り、一定期間中は毎晩着用しなければなりません。また数週間にわたり数種類の点眼薬を使用しますので、手術そのものを充分理解しなければならず、これらのケアはご家族が行わなければならないこともあります。

まとめ

白内障(しろそこひ)とは、高齢者にとって珍しくない病気です。目が見えづらい状態はケガなどにつながりますし、人とのコミュニケーションが取りづらくもなります。白内障については、以下の4つを特に理解しておきましょう。

  1. 白内障(しろそこひ)とは、水晶体が濁ることにより視力障害を起こすこと。
  2. 白内障の症状は人により異なるが、視力が落ちたと感じることが多い
  3. 白内障は、紫外線の刺激をはじめ、服用している薬によって引き起こされることもある
  4. 白内障は手術で治療を行う。数週間にわたって点眼薬を使用しなければならないので、家族も一緒に話を聞きケアをする

ピックアップ記事

関連記事一覧