未経験で介護の仕事を始めたい!事業所チェック法とアピール法を解説!

未経験ではありながらも、「勉強になりそうだから」「親の介護に備えて学んでおきたいから」などの理由で介護の世界にチャレンジしたいとお考えですか?

日本は高齢化社会です。介護に携わる職員・スタッフは今現在既に不足している上、今後さらに押し寄せる超高齢化社会に向けて、そのニーズはどんどん高まっていくことでしょう。実際「未経験OK」と謳っている求人広告を多く見かけると思われませんか。

今回は、未経験でありながら介護の仕事に挑戦してみたい方に向けて、事前に知っておいていただきたいことを解説します。転職・就職にあたりどんなステップを踏めばよいのか、どのような会社(事業所)を選べばよいのかなど、ご参考になさってください。

1.介護の世界も「正規雇用」「非正規雇用」

他の業界と同様、介護の世界も正規雇用と非正規雇用のふたつの雇用形態があります。

施設勤務や訪問介護で先輩スタッフのサポートをしながら仕事を覚えます。たとえ資格があっても“初の現場デビュー”、つまり始めての就職や他の業界からの転職であればだれもが未経験者ですので、先輩に付いて仕事を学ぶのはごく当たり前のことです。上記のいずれの雇用形態であっても、まずは「仕事を覚えること」が第一の目標となります。

1-1.正規雇用(正社員)

未経験・無資格であっても、正規雇用(正社員)として求人をしている事業所は少なくありません。月給制・シフト制での雇用が一般的で、保有する資格や夜勤、残業の状況によって各種の手当がつきます。ボーナスや退職金は事業者により異なりますが、社会保険完備は通常です。中には介護未経験者OKで正社員の募集をかけている事業所があります。

1-2.非正規雇用(パート・アルバイト・契約社員・派遣社員)

介護の現場では、日によって受け入れ人数・対応人数が変化することもあるため、パートやアルバイトなどの受け入れによって要介護者への対応者数を“コントロール”することも少なくありません。特に訪問介護の仕事は、パートやアルバイトでの採用となることが多くあります。契約社員ないしは派遣社員は「即戦力」として期待されていますので、未経験者の募集はあまり多くありません。

保有する資格によって時給や月給が変化することもありますが、パート・アルバイト・契約社員は事業所と直接の雇用関係となりますので、条件については自分自身で確認し、不明瞭な点は自分で交渉しなければなりません。派遣社員の場合は、派遣先の事業所との交渉は派遣会社が行ってくれます。

2.応募先探しのとき、気をつけたいポイント

介護の仕事の求人は数多くあります。いくら未経験のパートやアルバイトだといっても、いわゆる「ブラック企業」は避けたいものです。せっかく働くなら、雇用主・従業員の間、スタッフの間で信頼感を感じられる、気持ちよい環境にいたいところでしょう。未経験の場合、はじめての介護の現場に立つわけですので不安になってはいませんか。

2-1.NG事業所の見分け方、「ここをチェック」!

離職率、つまり、仕事を辞める人の多い・少ないは意外なところに表れます。離職率が高いということは、人の出入りが激しい=労働環境が悪い・人間関係があまり良くないことをあらわすことがあります。もちろん、良い人材を求めようと人の入れ替えを行っていることも考えられなくはありませんので、目安としてください。

2-1-1.未経験者OKなのに「給料・時給が高い」

未経験者OKとしながらも、同じく未経験者OKの他の事業所よりも高い給料・時給を設定してあるところは「少々要注意」です。残業代込みかもしれませんし、多忙で問題が噴出することを防止するため、高めに設定しているかもしれません。

2-1-2.求人誌・求人サイト・ハローワークで「いつも見る」

それでなくとも未経験で介護の世界に飛び込む方の不安は大きいものです。そのような方にとって、いつも「未経験OK」で求人を出しているところは安心しがちですが、実際はその逆であることも少なくありません。

待遇や人間関係の悪さから離職者が多くなり、それを補填するためにいつも求人を出している可能性が高いのです。

2-1-3.面接・見学に行っても「コミュニケーションが少ない」

書類でパスし、いざ面接、というときもチェックすべき点があります。それは、面接のとき・施設内を見回したときのコミュニケーションの状況です。面接時に気になることを質問しても明確な答えが得られない・説明がほとんど無いのにすぐに採用決定といわれたのなら、少々注意をしなければなりません。人手不足により、「誰でもいい、早く入れたい」という状況かもしれません。

また、施設内・事業所事務所内もきちんと見渡してください。明るい声で活発なコミュニケーションが行われているでしょうか。もしも明るい声かけがない、もしくは少々きつい口調での会話が目立つ場合、深刻な人手不足かもしれません。未経験者であるあなた自身も即戦力として期待されていて、いきなり仕事を任されてしまうかもしれません。

3.未経験者なら、こんな職場を選びたい!良い職場を探し出す手がかり2つ!

未経験者でも受け入れてくれ、丁寧に指導してくれる事業者を選ぶためには、いくつかの点に注目しなければなりません。できれば次のようなことも確認してください。

3-1.OJT・研修制度について明記している

その事業所の広告・求人票には、仕事をしながら訓練を受ける「OJT」について記載があるでしょうか。また、研修制度についても触れてあるでしょうか。もしもそれらの記載があるなら、ある程度安心できる事業所といえるでしょう。

もしも自分自身に「将来はこういう仕事ができるようになりたい」という希望があるのであれば、面接のときに質問してみましょう。OJTや研修制度でカバーできる範囲を教えてくれるはずですので、ためらわず聞いておくべき事柄です。

3-2.特徴を打ち出している施設・介護事業所を探す

介護事業所の中には、「介護を要する方を家族のようにお世話します」、「明るい生活を送っていただけるよう心がけています」など、“スローガン(目標)”を公表しているところがあります。これはその事業所が目指す介護の姿ですので、あなた自身が思い描く介護職のあり方と合致するようであれば応募を検討してください。

“我が社のあるべき姿”を掲げ、実際に利用者の数が増えている・評判が良いなど、客観的な評価が確認できるようでしたらたとえ未経験でも志望するだけの価値はあります。そしてそこで積む経験は、「初めての介護スタッフ」にとってとても有益なものとなるはずです。もしもそのような事業所が未経験者OKとしているのなら、志望先のひとつに入れてみてはいかがでしょう。

3-3.介護職に特化した就職サイト・転職サイトを使う

介護の仕事に特化した就職サイト・転職サイトにも目を通してください。特におすすめなのは、「キャリアコンサルタント」「エージェント」などと呼ばれる担当者がついてくれるサイトです。

転職エージェントとは
転職エージェントとは、転職希望者と人材募集をしている企業の間に立ってくれる「担当者」のこと。
転職エージェントはキャリアプランに沿う求人の紹介や、面接への対策相談にも乗ってくれる。

このようなサイトであれば、介護の仕事に就くにあたっての不安、就職先に求めることなどを総合的に考えてくれますし、就職後の相談にも乗ってもらえます。中には、介護施設・サービスを展開する企業が運営しているサイトもありますので、未経験でバイトやパートから始めたいという場合でも相談できます。

※介護職に特化した求人・転職サイトの例は、以下の記事もご参考になさってください。

介護派遣の仕事内容とは?介護業界に強い派遣会社ランキングTOP5

2017.10.06

4.未経験者が応募するとき、どのように自分をアピールできるか

未経験で始めての仕事を探すとき、「右も左もわからない」には当たり前のことです。特に資格もないようならば、介護の現場でどのようなことが行われているのかもわからないはずです。

しかしながら、これまであなたが経験してきた仕事とその内容も充分にアピールポイントになります。

たとえば、

  • 営業の仕事をしていた=お客様の求めるものが何であるのかを見極める力を磨いてきた
  • 主婦・子育て経験者=相手の気持ちに寄り添う経験をしてきた
  • 接客業をしていた=相手のニーズを聞き取り、求める商品を提案してきた
  • 親や祖父母の介護経験がある=介護される方の気持ち・反応を身を持って経験してきた

という風に伝えることができるでしょう。

そして、「介護の仕事についてどう考えるか」と問われたときは、自分の考える介護職のあり方について答えて下さい。正解のない問いには、素直な思いを伝えるのが一番です。その介護事業者が目指すものと合致するかどうかへの問いかけですので、無理に取り繕う必要はありません。

書類の段階で未経験であることは、事業者側も百も承知しています。そのなかにあってさえ、介護という仕事に真正面から取り組みたいという気持ちを伝えることができればそれでよいのです。

しかしながら、転職の場合、その事業所を志望した理由についてネガティブな情報を伝えるべきではありません。実際に人間関係で悩んだ結果の退職であったにしても、それは“シークレット事項”。“どこでもよかった”もNGです。

希望する施設の特徴を調べておき、「自分のこれまでの経験が活かせると思った」、「介護の仕事を始めるなら、このようなところで働きたいと考えていた」と、前向きな気持ちを伝えるとよいでしょう。

まとめ

未経験で介護の仕事に就くことは、決して狭き門ではありません。人手不足に加え、入居者や利用者のこころと身体に寄り添える人材を求めている事業者側の背景があるからです。

しかしながら、未経験から介護の仕事を始めようと考えている方にとっては、不安もつきまとうものです。今回は未経験者が介護の仕事に就く際知っておきたいことをお知らせしましたが、特に次の5点はとても大切なことですのでご記憶ください。

  1. 介護の仕事も正規雇用と非正規雇用とで成り立っている。資格があるなら正規雇用も狙えるが、無資格・未経験者は非正規雇用(パート・アルバイト)からとなる
  2. いつも求人が出ている・面接や見学時に会話が少ないと感じられたらそれは不安要素。人手不足により職場の空気が悪化しているケースも
  3. OJT・研修制度について明確に打ち出している事業所は“狙い目”。介護の仕事を始める場所として魅力的かつ実践的な場となってくれる
  4. 介護職に特化した転職サイトなどを利用するという方法も。介護施設展開企業が運営している転職サイトなら、未経験から始めたいときにも相談にのってくれる
  5. 未経験者出会ってもアピールできるポイントは必ずある。これまでの経験から現場で役立ちそうなものをピックアップし、前向きな姿勢を見せる