介護バイトの見つけ方お教えします!バイトに求められる資質は2つ+α!

バイトで介護の仕事を探したいという方はとても多くいらっしゃいます。介護について勉強をしているのでバイトでその“実態”を知りたい、過去にフルタイムで介護の仕事をしていたけれど家事や育児の合間の時間を使いたいなど、理由は様々ですが、人手不足が叫ばれる今、バイトは介護の仕事の一翼を担う存在としてとても力強い存在として頼られています。

では、バイトで介護に携わるとき、実際にどのような仕事があるのか、未経験・無資格でも可能なのかなど、「介護の仕事をバイトで行うとき」に知っておきたいことをご説明したいと思います。

1.介護のバイトで多く求められる「仕事内容」は何?

介護の仕事をバイトで…既に求人サイトを検索された方もいらっしゃるでしょうが、概ね以下のような仕事が発見できるでしょう。

1-1.介護施設ないしは訪問介護にまつわるバイト

介護のバイト求人が出ているものの多くは、大きく

  • 施設スタッフのサポート役
  • 施設の夜勤担当
  • 訪問介護で即戦力となるスタッフ
  • 訪問介護サービススタッフ、施設利用者送迎のためのドライバー

に分けられます。そのうち「施設スタッフのサポート役」や「ドライバー」は介護の仕事未経験・介護の資格なしでも受け付けてもらえるものが多く見受けられます。新しい施設開設に伴う人材確保を狙った求人も少なくありません。

一方、施設の夜勤担当・訪問看護スタッフは、既に現場での経験や資格を持つ人向けの仕事が多く、大手介護事業所がグループ企業内でうまく“人繰り”するため介護職経験者をキープする求人広告を打っていることが特徴です。

1-2.ガイドヘルパーや清掃・洗濯スタッフも

障害を持っている方が買い物などの外出をするときの手助けをするガイドヘルパーの仕事もあります。未経験・無資格でもトライできますが、介護職員初任者研修以上、もしくは同行援護ヘルパーなどの資格を持っている方は特に歓迎されます。手伝いを希望する方のスケジュールに合わせる必要があるため、自分のスケジュールと調整しづらい点はありますが、ブランクのある方が再度介護の仕事に復帰するきっかけになってくれそうです。

また、未経験でもチャレンジしやすいのが、施設の清掃やリネン類洗濯スタッフです。もしも将来的に介護の仕事に就きたい、と思っておられるなら、このようなバイトで職場の雰囲気を確認しながら就職先を見つけるという方法もあるでしょう。

※介護の仕事と資格の関係については、次の記事もご参考になさってください。

介護の仕事で役立つ資格一覧と難易度、「辛さ・やりがい」を解説!

2017.10.13

2.介護のバイト、「訪問系」と「施設系」どちらが多い?

まず、以下の表を見てください(【資料1】270114介護労働の現状│厚生労働省)。

【資料1】270114介護労働の現状│厚生労働省

施設などの「介護職員」中、非正規職員は41.0%(その非正規職員中で短時間労働者(バイト)は47.9%)

訪問介護の「介護職員」中、非正規職員は79.0%(その非正規職員中で短時間労働者(バイト)は70.7%)

短時間労働の訪問介護員(ホームヘルパー)は、施設よりも多くいることがわかります。これから介護のバイトを探そうとされている方は、施設でのバイトのみならず、訪問介護のバイトも探してみると選択肢が広がることでしょう。訪問介護スタッフであっても、未経験者OKとされている仕事も少なくありません。

※この調査では無回答もあったことから、必ずしも100%とはなっていません。

2-1.介護のバイトを「上手に利用する」には

バイトの求人傾向と上の表とをつき合わせて考えると、ある一定の事柄が見えてきます。それは、なんと言っても「介護の現場は人手不足」ということです。それをバイトなど非正規労働者・短時間労働者を招き入れることでカバーしている現状です。この傾向を上手に利用すれば次のようなバイトの選び方が有利でしょう。

  • 有資格者・経験者=ブランクがあっても再チャレンジの足がかりにできる
  • 未経験・無資格者=介護の仕事・現場の雰囲気を確認し就職のきっかけにする、何らかの形で介護の仕事に関わりやりがいを感じてみたい

有資格者が資格や経験を活かし短時間でも介護の仕事をしたいときや、これから介護の仕事に就こうと計画している方が「どの職場がよいのか」を知る、ないしは、自分に介護の仕事が向いているかどうかを判断したいときに利用したい働き方です。

2-2.バイトは責任が重くない、仕事内容と働き方の確認をしつつストレス少なく働ける

上記でも理解できるように、介護の世界はバイトを含む非正規雇用が“重宝される”業界です。それでいてバイトは正規労働者と比較して仕事の範囲や責任の面で狭く・軽くいられます。時給は安くても、お試し就職のつもりでトライすることもできますし、施設介護・訪問介護の両方を掛け持ちして経験値を積んでいくのにも適しています。

バイトですから、辞めたいときに「辞めたい」と告げやすいのもメリットでしょう。次の人が決まるまでは働くなど、社会人としてのマナーは守るべきですが、時として「辛い」「職場により雰囲気がまちまち」とされる介護の現場を見極めるためには、バイトから始めるのもひとつの方法です。

3.バイトにも同様に求められるのは「コミュニケーション能力」「体力」のふたつ!

介護の仕事は、チーム内のコミュニケーション・要介護者とその家族のコミュニケーションが基本中の基本です。そして、時に力仕事が求められます。

この点を考えると、

  • 人と接することが好き
  • 体力に自身がある
  • 要介護者の「言葉にならないニーズ」に気づく力がある

このような方に向いているといえるでしょう。しかしながら、これらは何も特別なことではなく、人と接する仕事ではごく普通の事柄です。これらの力・感覚に加え「気づき」「会話力」が伴えばさらに言うことはありません。

会話、もしくは言葉でない形での“表現”(表情や態度など・ノンバーバルコミュニケーションとも呼ばれる)を理解してくれる人に、他人は心を開いてくれます。とくに体の不自由さからくる苦しみ・悲しみを抱えた要介護者は、ときとして感情を爆発させたり沈んでしまったりします。このようなケースにも感情的に反応せず、一旦受け止めたうえで解釈する力があれば、たとえバイトであっても頼もしい存在となれるでしょう。

4.どうしてもこれだけはダメ!「世話してあげてる」感覚

いくら人手不足からくるバイトの仕事が潤沢にあるとはいえ、介護の現場で忘れてはならないことがあります。それは、人生の先輩に対する敬意です。「自分では何もできない人に世話をしてあげている」という感覚で仕事に臨むと、介護を受けるご本人にも伝わってしまいます。

特に入浴や排泄・オムツ替えの仕事はデリケートな事柄です。「自分自身だったら」と置き換えて考えることで、相手の恥ずかしさ・申し訳なさを理解してください。世話を受けるご本人も、決してその状態を望んではいないのです。バイトを目指す人自身も、将来、ケガによる障害や加齢により同じような状況に陥ることは避けて通れない道です。それを事前に経験させてもらうという心持で臨む必要があります。

また、共にお世話に臨むスタッフと同じ気持ちで介護にあたらなければなりません。正規雇用であろうが、非正規雇用(バイト)であろうが、要介護者から見れば同じ制服を着たチームですので、安心して頼れる存在として映るよう、チームワークを乱さない配慮も重要です。

5.介護のバイトの具体例

介護のバイトでは、具体的にどのような仕事が待っているのでしょうか。ここでは大きく「訪問介護」「施設」での仕事例を挙げてみます。

5-1.訪問介護のバイト

訪問介護とは、ご存知の通り要支援者・要介護者が自宅で介護を受けるため利用するサービスです。サービス提供後に、介護保険用の書類に署名・捺印をもらうのも仕事のひとつです。

【身体介護】

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 着替えの介助
  • 排泄介助(トイレへの付き添い・おむつ交換)
  • 室内での移動や、ベッドから車椅子などへの移乗介助
  • 出かける際の付き添い

【生活援助】

  • 室内の清掃
  • 食事の調理
  • 洗濯
  • 買い物の代行

これらの中で、清掃や調理、洗濯、買い物代行などの生活援助は、無資格でも採用してくれる事業所があります。しかしながら、身体介護については知識や経験が重要ですので、旧ヘルパー1級(実務者研修)ないしは旧ヘルパー2級(介護職員初任者研修)が必要です。

5-2.施設でのバイト

入居者・入所者のいる施設は、そこが要介護者にとって「生活の場」であるということです。そのため、訪問介護よりも若干職域が広く、有資格者の下で経験者ないしは無資格・無経験の方が働く構造となります。24時間体制で要介護者のお世話をしますので、引継ぎのための書類作成なども仕事のひとつとなります。

【身体介護】

  • 食事介助
  • 入浴介助
  • 着替えの介助
  • 排泄介助(トイレへの付き添い・おむつ交換)
  • 室内での移動や、ベッドから車椅子などへの移乗介助
  • 出かける際の付き添い

【生活支援】

  • 食事の計画や調理(管理栄養士/栄養士/調理師)
  • 生活にまつわる相談を受ける(ケアマネージャー)

【医療面での支援】

  • 健康チェックや応急処置/たんの吸引/胃ろうなどの栄養管理/服薬状況のチェック(看護師)

まとめ

介護の仕事をバイトという働き方で得ることは難しくありません。慢性的な人手不足もありますが、介護の仕事経験者にとって働きやすい環境を整え、1日数時間・週に数日といったフレキシブルな時間設定をすることで、戦力として確保したい狙いがあるからです。

もちろん、始めはだれでも未経験です。そのような方でも「未経験OK・無資格OK」とし、現場の仕事のヘルプ役として求める募集を出している事業所もあります。今回は介護の仕事をバイトで始めること、バイトのメリットなどご説明しましたが、特にご記憶いただきたいのは5点です。

  1. 介護の仕事のバイトは、施設スタッフサポートや夜勤担当、訪問介護で即戦力となれる人、ドライバーなどで募集が多い。未経験者OKの職場・仕事もあるので、「初めての介護」として選びやすい
  2. バイトの仕事のよさは、「短時間・短期間」で働けること。ブランクのある人も、これから本格的に介護の仕事に就きたい人にも、「職場選び」の手段として便利な働き方
  3. 介護の仕事の多くは、非正規職員で構成されている。特に訪問介護の現場では短時間労働者(バイト)も少なくないので、経験者には働き方の選択肢が広がる
  4. 初めての人は、「施設」と「訪問介護」の両方を掛け持ちして経験値を積むこともできる。自分にとってどちらが向いているかの判断材料にも
  5. バイトであってもコミュニケーション能力と体力は“必須”。お世話される側の気持ちになること、他のスタッフとの連携を保つことも重要なポイント