【介護予防】早めに取り組める方法2つ+利用できる介護サービス3つ

在宅介護

親御さんやご親戚で、「体の動きに制限が出てきはじめた」、「話がかみ合わないシーンが増えてきた」という方はいらっしゃいませんか。そうとなれば、今からすぐにでも介護予防に取り組んでください。どのような事柄でも「早期発見」「早期の手当て」が重要ですが、いよいよ介護か、といった場面でもそれは同じです。

では、介護予防にはどのようなことが大切なのでしょうか。介護や看護に明るくない私たちにもできることはあるのでしょうか。家族の健康を守るために何をすればよいのでしょうか。今回は国を挙げての動き、そして介護予防に大切なことなどについてご説明します。

1.国も推進する「介護予防」

本格的な高齢化社会への突入を期に、国も介護予防に取り組んでいます。要支援・要支援1に該当する方が増えたことを受け、2006年に介護保険法が改正され、介護予防にも重きを置くこととなりました。

1-1.国の進める介護予防、多方面からのアクション

国が進める介護予防には、色々な角度からの取り組みがあります。

その内容は、

  • 要介護認定区分の見直し=要支援を「1」「2」に(以前は「要支援」のみ)
  • 介護予防事業の創設=65歳以上の人を対象とした健康診査や、自宅に閉じこもることの予防、運動機能・栄養改善指導などのプログラム実施
  • 包括的支援事業の創設=介護予防にかかる相談・支援事業、地域ケア支援事業を開始

などです。

また、介護サービスについても、要介護者が可能な限り住みなれたエリアで生活できるよう「地域密着型介護サービス」が組み込まれ、

  • 夜間対応型訪問介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 認知症対応型通所介護(介護予防)
  • 小規模多機能型居宅介護(介護予防)

などのサービス体系が確立されました。

まだまだ元気でありながらも、将来が不安、高齢者という理由だけで賃貸住宅が借りられないといった問題に応えるために

  • サービス付き高齢者向け住宅=高齢者の単身者ないしは夫婦が安心して住まえる住居(バリアフリー・相談や見守りのための人員在籍)

なども推進しています。同様の世代の方と同じ建物内で暮らすことで人との接触が増え、閉じこもりがちになる状況を回避する面でも有用です。

1-2.2017年、最新の「介護予防活動普及展開事業」

2016年時点、過去4年間の要支援・要介護認定者数はどの都道府県でも上昇していましたが、都道府県レベルでは大分県、市町村レベルでは和光市で低下がみられました。この1県1市を“お手本”に、介護予防に必要なポイントを抽出し、今後全国へそのノウハウや人材育成法を展開する予定です介護予防活動普及展開事業(平成28年度~)│厚生労働省)。

介護予防活動普及展開事業(平成28年度~)│厚生労働省

この事業は

「介護予防活動普及展開事業」は、生涯現役社会を実現するため、先進的な市町村で取り組んでいる効果的な介護予防の仕組みを全国展開し、元気な高齢者を増やすことを目的として実施しています。
具体的には、(1)介護予防における市町村のリーダーシップ構築、(2)市町村が主体的に介護予防に取り組むための組織づくりと運営、(3)効率的・効果的な短期集中介護予防プログラムの実施と地域の受皿づくりを全国の市町村で実践できるよう、技術的な支援を行います。

と定められ、国としても「介護は予防が重要」と認識していることがわかります(【福祉・介護】介護予防「3.介護予防活動普及展開事業(平成28年度~)│厚生労働省)。

1-3.2015年には「介護予防・日常生活支援総合事業サービス」も

介護の問題は国全体で取り組まなければならないものではありますが、地域ごとに必要なこと・ものは異なるのが現実です。それに沿うため、「介護予防・日常生活支援総合事業サービス」が施行されています。

この介護予防・日常生活支援総合事業サービスは、市町村中心として地域住民など様々な人・組織が参画することで「地域での支え合い」「効率的な支援」を実現しようとするものです。これにより、要支援・要介護認定で非該当とされた方でもサポートを受けやすくなりました。

2.私たちにできる「介護予防」は2つ!

上記の介護予防の動きを読み解き、私たちが何らかの形で介護予防に取り組もうとするとき、何を指針にすればよいのでしょうか。具体的にどのようなことをすればよいのかは、次の通りです。

2-1.国の考える介護予防のあり方を理解する

まず、国の示す介護予防について見てみましょう(これからの介護予防│厚生労働省)。

これからの介護予防│厚生労働省

上記画像からわかるとおり、

  • リハビリに携わる人による訓練・アドバイスを強化=身体機能の低下を防止する
  • 住民主体で「通いの場」を運営=住みなれた地域で高齢者同士が助け合いを実践し、ときとして高齢者自身が運営に携わることでより積極的に外部との接触を持つ
  • 高齢者の社会参加=リタイヤ後の高齢者が社会活動に参加することで、現役時代と同等の生きがい・やりがいを感じる

といった内容が主な柱となっています。

これらは、最近多く耳にする「健康寿命をのばす」という視点であることが理解できます。栄養状態や医療水準の高まりにより寿命はのびても、心身ともに健康でなければせっかくの定年後を楽しむことはできません。元気なうちは積極的に外に出て、体を動かす・他の人と関わる・人の役に立つ充実感を味わう・趣味を楽しむといったことが大切です。

2-2.デイサービスや公民館など、「通いの場」で行われている介護予防を活用する

介護予防とは、要介護となることを可能な限り遅らせること、要介護状態となってもそれ以上深刻な状況にならないようにすることを指します。この点からいうと、やはり閉じこもらない・体を動かす・人と接することはとても重要です。

もしも要支援・要介護とされたのなら、デイサービスに通い、ケアプランにそった支援・介護を受けてください。まだ元気であるのなら、お知り合いと誘い合って公民館で行われている趣味の講座などを受けるのはいかがでしょうか。特に体を動かすものは健康的な生活にとって欠かせないものでしょう。

キーワードは「活発であること」です。体を動かすのがおっくう、趣味が無いなどが原因で家にばかりいると、どうしても体を動かすことが減ってしまいます。そのことにより全身の筋力が落ちると、家の中での転倒から寝たきりになる、といったことが起きてしまうリスクが高まります。

3.介護サービスではどのような介護予防が行われているの?そのサービス3つ!

では、介護サービスの現場で行われている介護予防にはどのようなものがあるのでしょうか。その役割や利用の仕方は次の通りです。

3-1.介護サービスで行われる介護予防には何がある?

デイサービスなど、通いで利用できる施設では、ケアプランによって示されたプログラムを受けることができます。一人ひとりの状態に合わせたプランが組まれるのですが、実施される場によって行えることは異なります。

施設 役割・行うこと
介護予防通所介護

(いわゆるデイサービス)

  • 食事・入浴・排泄など日常生活の支援
  • 楽しみながら体や脳を動かすレクリエーションや、リハビリを行う
  • 歩行などの日常生活動作訓練も行われる
介護予防通所リハビリテーション
(いわゆるデイケア)
  • 食事・入浴・排泄など日常生活の支援
  • 理学療法士や作業療法士などのリハビリ専門員による筋力・体力の維持、トレーニング
  • 歩行などの日常生活機能訓練
  • 手芸や工作などを通した作業活動療法
  • 言語・発声・嚥下(飲み込み)など、口周りの問題に対処する療法
介護予防訪問介護

(いわゆるホームヘルプ)

  • 食事・入浴・排泄など日常生活の支援
  • 清掃・調理など日常活動の支援(一緒に行うことも)
  • 標準的な買い物(生活必需品)への付き添い

※可能な限り自分で行えるようアドバイス・支援する

日常生活内で「自分で行えること」を共に考え、それを促し、必要に応じてリハビリなどを行うことが介護保険サービスで行われる介護予防です。

3-2.介護施設でのレクリエーションはどんなもの?

リハビリについては、専門家が個人個人の身体状況・体力に応じて実施してくれます。必要なこととはいえ、どちらかというと「自分と向き合う」作業であることから、少々苦痛を感じられる方もいらっしゃるでしょう。一方、デイサービスやデイケアでは、楽しみの要素を持たせたリハビリの一種であるレクリエーションも実施されます。

3-2-1.生活の中に取り入れやすいもの

日常生活の中にも、脳を刺激すると同時に気持ちをやわらげてくれるものがあります。たとえば

  • 若い頃に流行った音楽を聴く
  • 若い頃に見た映画のDVDを鑑賞する
  • 絵や花を飾り、じっくりと眺める

などがあります。これらは一見受身のように感じられますが、記憶をたどる・五感を刺激するといった効果があります。これらならば、自宅でも行うことができるでしょう。

3-2-2.個人の特性に合わせた趣味の要素を持つもの

レクリエーションといっても、すべての人が同じようにできるわけではありません。このようなときは体の状態や好みに合わせた趣味のようなレクリエーションが採用されることがあります。個人のペースで行えますので、マイペースで内向的な方にも向いています。

  • 絵を描く・簡単な陶芸
  • 囲碁・将棋
  • クロスワードなどの脳トレゲーム・書道
  • 編み物や工作

これらは、考える・手を動かすといった脳を刺激する効果があります。

3-2-3.グループで楽しむもの

その場に集まった人たちで共に楽しむレクリエーションもあります。

  • 体操
  • 合唱・楽器演奏
  • 簡単なダンス

このような種類のレクリエーションは、リズムに付いていく身体能力が必要ですので、楽しみながらリハビリを行うことができます。さらにこれまでに挙げてきたレクリエーションの中でも、他の人とのコミュニケーションを促す側面を持っていますので、孤立感を感じがちな人にとって良い刺激となるでしょう。

まとめ

介護予防とは、要支援・要介護とならないようにする、または既に要介護となっていてもその状態を深刻にしないための行動を指します。これは要支援者・要介護者だけの問題ではなく、既に国の問題として捉えられています。元気なうちに積極的に体や脳を働かし、健康的な毎日を送るよう心がけることで、「健康寿命」をのばすよう個々人で努力しなければなりません。

今回の記事では介護予防について取り上げましたが、要約すると次の5点にまとめられます。どうぞご記憶ください。

  1. 介護予防は、国も推進している。様々な角度からのサポートを展開しているが、2017年以降には組織的に介護予防に取り組むよう自治体を促す「介護予防活動普及展開事業」を展開
  2. 介護予防は、「身体機能の低下を防止する」、「人との接触を保つ」、「やりがいや生きがいを感じる」の3つの側面が必要。健康に暮らしたいという本人の意思も重要
  3. 元気なうちに公民館で開催されているサークルなどで心身ともに“動かす”ことが大切。運営側に参加できれば、人の役に立っているという満足感も得られる
  4. 介護サービスで介護予防を受けるには、「デイサービス」、「デイケア」、「ホームヘルプ」などを利用。これらサービスでは生活行動水準を保つ支援・積極的なリハビリを受けることができる
  5. 介護予防のためには、脳を刺激しながら体を動かすことが大切。デイサービスやデイケアはリハビリのみならず様々なレクリエーションを準備していて、介護予防の役割を担っている

ピックアップ記事

関連記事一覧